キャプチャ

【過去NEWS/2018年4月下旬】水声社からルパン研究第一人者ジャック・ドゥルワール『ルパンの世界』邦訳発売

フランス本国のルパン研究第一人者、ジャック・ドゥルワール(Jacques Derouard)先生の有名なルパン研究本の邦訳が、水声社から、ついに発売。訳者は偕成社版『813』『続813』『三十棺桶島』『緑の目の令嬢』『バール・イ・ヴァ荘』や、ジャン・クロード・ラミ『アルセーヌ・リュパン』、ジュール・ベルヌの『二年間の休暇』『海底二万里』『神秘の島』、アレクサンドル・デュマ『モンテ・クリスト伯』(以上、偕成社)などを手掛けた、大友徳明先生。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Bravo !
2
偉大なるベル・エポックの怪盗アルセーヌ・ルパン。その功績と名声を広めるべく結成されたのが当「ルパン帝国再誕計画」です。ルパン関連の様々な情報や『怪盗ルパン伝アバンチュリエ』に関する告知を発信していきます!/「ルパン帝国再誕計画」代表『怪盗ルパン伝アバンチュリエ』 漫画家・森田崇
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。